Elara’s Library

MinecraftのMODに関するあれこれを書いてゆきます。(主に1.12.2)

【日本語で読むマイクラMOD_026】MacroKey Keybinding

MacroKey Keybinding

(※内容は、19年02月15日時点のCurseforgeものです) 

minecraft.curseforge.com

MOD Name: MacroKey Keybinding
MOD Owner : MattsOnMc

(※画像等は、引用元のサイトでご確認ください)

MacroKey Keybindingを使用すれば、コマンドをキーに結び付けられます。

コマンドは入力に苦労することもあれば、それを覚えておくことはさらに難しいことがあります。
これら全てのコマンドを、ボタン1つを押すだけで実行できるようして、生活を楽にするMODがあればどうでしょう。
コマンドについて素早くアクセスしたいという時に、目的達成にワンクリックでたどり着くことができます。

Features/内容:

以下のMinecraftに対応しています!
1.8, 1.8.8, 1.8.9, 1.9, 1.9.4, 1.10, 1.10.2, 1.11, 1.11.2, 1.12, 1.12.1 & 1.12.2!

私の知る、過去のマクロMODについての最大の不満の1つは、Forgeに対応していないこと、そしてMODがサーバー側に導入されていないと、サーバー上で動作しない、ということでした。

MacroKeyは、私自身がこのMODを使用して、シングルプレイでもマルチプレイでも、完全に機能することを確認しました。サーバー側にこのMODは不要です!

MacroKeyは、使いやすく理解しやすいGUIと、強力なコマンドを備えています。
Minecraftにおいて、MacroKeyは単純かつ堅実であり、それ故にもっとも手に取られてきたマクロMODです。

質問や一般的な議論のために; 我々はdiscordで見つけられます:https://discord.gg/wKKCVF

MacroKeyのWikiは、ReadTheDocsにあります:https://macrokey.rtfd.io/ (※下側に翻訳した内容を置いています)

何か提案や質問、不具合の報告がある場合; PM(プライベートメッセージ)へお気軽に、またはコメントを残してください!
~Matt


このMODが何をさせるかを疑問に思うサーバー管理者の方へ:
MacroKeyは、プレイヤーに有利になるような仕組みを追加/変更は行いません。

haters(不満に思う人々)に向けて、すこし意見 <3
疑問に思う方々へ。はい、私はMacro / Keybinding modがこのMODに似ており、同じような名前が付けられていることを把握しています。
けれども、私がそのMODについて知ったのは、MacroKeyの命名と発表を決定した後の時点です。
私のMODには、Macro / Key bind、またはCommand Keybindingsにおけるオリジナルのソースを一切含んでおらず、また、Macro/KeyやCommand Keybindにおける機能を調査することも検討していません。


MacroKey Documentation / MacroKey ドキュメント

macrokey.readthedocs.io

 (※一部、上記と同じ内容なので割愛)

Getting Started / 入門

MacroKeyへようこそ。取り掛かるのは簡単ですよ!
このドキュメント(文書)では、起動や実行のやり方を説明します。

Installation / インストール

Install Forge / Forgeのインストール

Forgeをインストールするには、Minecraft Forgeのダウンロードサイトにアクセスしてください。
使用したいMinecraftのバージョンにあったforgeを、そこからダウンロードできます。
ダウンロードができたら、.jarファイルを実行します。Install Clientにチェックが入っていることを確認して、OKを押します。

Note/注釈:
古いバージョンのMinecraftでは、最低1回はバニラの状態でインストールを実行する必要があるかもしれません。

Install MacroKey / MacroKeyをインストール

公式のミラーサイトの1つから、MODをダウンロードすることができます。
ダウンロードを行う場合は、MODが対応しているMinecraftのバージョンをメモしてください。
対応していないゲームバージョンでは、MODの読み込みが行われません。

Note / 注釈:
複数のバージョンに対応している場合、Patch表記の部分には、xが含まれています。
即ち、1.121.12.2、および1.12.2に対応している場合、バージョンのタイトルは”1.12.x”になっています。

MacroKeyをダウンロードしたのち、.minecraftディレクトリ(フォルダ)を開きます。
(Winキー + Rキー -> %appdata%/.minecraft)
modsディレクトリ(フォルダ)がまだ無い場合、ここで作成します。
その後、ダウンロードしたMacroKey.jarファイルをそこへ入れます。

Verifying Installation / インストールの確認

全てが正しくインストールされたことを確認するには、Minecraftを起動し、Forgeインスタンス(Forge自体の機能)が起動していることを確認します。Minecraftが起動したら、Modsボタンをクリックしてください。
開かれたリストに、MacroKeyが載っているはずです。

MacroKey Rundown / MacroKeyでの実行

MacroKeyは、Minecraftにいくつかの概念を追加します。その概念とは「Macro’s & Layers」です。

マクロ(Macro)はMODの中心となる概念であり、キーを押すことをチャットメッセ―ジに結び付けるという構造を追加します。

レイヤー(Layers)を使用すると、さまざまな場面で頻繁に使用するマクロをグループ化させることができます。これは例えば、異なるサーバー上で異なるコマンドを1つのキーで使用したい場合に便利です。

MacroKeyは、可能な限り論理的で使いやすいものにしつつも、できる限り多くの機能を追加しようとしており、この記述の内容は主にGUIの部分に反映されています。
MODでは、あなたの設定の管理を容易にするための様々な画面を追加します。

 

Setting up your first Macro / マクロ設定の開始

管理GUIを開くには、2つのオプションがあります:

  • 設定画面から、MacroKey Keybindingを開く
  • ゲーム中にMacroKeyの管理キーを押します(初期設定:K)

Management(管理)画面の右下に、”Create Macro”(マクロ作成)のボタンがあります。
このボタンをクリックすると、マクロを追加するためのコンフィグ画面が開きます。
新しいマクロを作成するときは、次のことを指定する必要があります。

  • The chat message you want to send / 送信したいチャットメッセージ
    コマンドを指定するときは、”/”(スラッシュ)を最初に付ける必要があります。
    これはMacroKeyが、通常のチャットメッセージを送信することに対応するためです。
  • The trigger (key) that should be pressed to activate the Macro / マクロを有効にするために押すトリガー(キー)
    キーボードそのものに用意されている特殊なマクロキーを除いて、実行するためのキーは、どのキーでも構いません。(※スリープモード用のキーなど)
    とりあえずこのトリガーの設定というのは、自由です。ただしマクロは、トリガーが無ければ実行されません。
  • If the command should repeat / コマンドを繰り返す必要がある場合
    この設定を有効にすると、指定したキーを押している限り、コマンドが繰り返されます。遅延、実行間隔を設定できます。
  • Should the macro be active / マクロは有効化しておかなければならない
    マクロを無効(disable)にしておくことは、トリガーを指定しないことと同じ効果があります。
    この設定によって、現在のトリガー設定をそのままにして、無効化させておくことができます。

必要な情報を全て設定し終えたら、save(保存)を押してください。
管理画面の方にそれらが反映され、追加をおこなったばかりのマクロが表示されます。
この時点で、マクロが保存され、ゲーム内で使用可能であることを確認できます。

Endorsed Posts / 投稿している場所

MacroKey on CurseForge
MacroKey on Curse
MacroKey on MCF
MacroKey on PMC

Download Mirrors / ダウンロード・ミラー

CurseForge Project Files